敏感肌は、正しい化粧品選びが大切

いつも使っている化粧品が合わなくなったり、市販の化粧品がヒリヒリしたり、肌が敏感だと感じる女性は意外とたくさんいます。また年齢が上がるにつれ、敏感肌だと自覚する女性は増え、好きな化粧品やエイジングケアを満足に使えないケースも多いと言われています。

敏感肌を改善するためには、敏感肌になった原因と正しい対策が必要です。間違ったケアを続けると、肌トラブルの繰り返しで、荒れやすい肌になってしまいますので、必ず正しい知識を身につけるようにしてください。

敏感肌に勧める保湿化粧品

敏感肌のスキンケアで大切なのは、低刺激保湿です。この2つのポイントを押さえている化粧品であれば、どんな化粧品でも構いませんが、ここではマイホリの採点基準を元にランキング化しましたので、敏感肌に悩む方は参考にしてください。

肌の弱い女性に!敏感肌向け保湿化粧品の決定版
つつむ

  • 敏感肌専門ブランド「ディセンシア」の保湿化粧品
  • 皮脂を落とし過ぎないことで、肌を乾燥から守る
  • 市販の洗顔料が使えない方や乾燥肌の方にオススメ
  • ターンオーバーの乱れを整えて、敏感肌を改善
配合成分 セラミド 最も保湿力が高く、乾燥する肌には必ず欲しい成分。化粧水・クリームに配合
スクワラン 肌のみずみずしさとしなやかさを保つ役割。年齢とともに減少。クリームに配合
水添レシチン 非常に浸透性が優れていて、水分保持力・保湿力が高い。全ての化粧品に配合
トライアル価格 送料 セット内容
1,470円 無料 クレンジング・洗顔料・化粧水・クリーム
水分をはさみこむ成分 水分を抱え込む成分 水分をつかむ成分
×

化粧をしても隠せない乱れた肌の方は、一度チェック
ヴァージンメディカル

  • 肌がなんとなく不調になってきた人や敏感肌の人に
  • オゾンの高い保湿力が、乱れた角質層を正常な状態へ
  • 諦めていた肌のハリを4ステップスキンケアで改善
  • 効果を実感できるよう、使用期限の設定あり
配合成分 セラミド 最も保湿力が高く、乾燥する肌には必ず欲しい成分。化粧水・美容液・クリームに配合
ヒアルロン酸 肌のみずみずしさとしなやかさを保つ役割。年齢とともに減少。美容液に配合
フィトスフィンゴシン 浸透性・吸収性はセラミドよりも高く、セラミドとの相性が抜群。化粧水に配合
トライアル価格 送料 セット内容
1,260円 無料 洗顔料・化粧水・美容液・クリーム
水分をはさみこむ成分 水分を抱え込む成分 水分をつかむ成分

潤いが全く長持ちしない肌には、セラミドが足りていなかった!?
モイスチャーライン

  • 肌自身が潤うために必要な型のセラミドを配合
  • 減少するセラミドを補給することで、エイジングケア
  • 4ステップのスキンケアで、肌の感想とはおさらば
  • 肌の専門家が考えた無添加のスキンケアセット
配合成分 セラミド 最も保湿力が高く、乾燥する肌には必ず欲しい成分。化粧水・美容液・クリームに配合
スクワラン 肌の潤いを保つ働き。また、古い角質を落とし、殺菌作用もある。美容液・クリームに配合
ヒアルロン酸 肌のみずみずしさとしなやかさを保つ役割。年齢とともに減少。化粧水・美容液・クリームに配合
トライアル価格 送料 セット内容
1,390円 無料 洗顔料・化粧水・美容液・クリーム
水分をはさみこむ成分 水分を抱え込む成分 水分をつかむ成分

ただの保湿だけでは物足りない女性は、悩み・目的別に化粧品をランキングにしましたので、こちらも参考にしてみてください。

ピンポイント化粧品

敏感肌だからと言って、全ての基礎化粧品を変える必要はありません。足りない化粧品を追加したり、刺激が強い化粧品だけを乗り換えたりと自分の肌状況に合わせて化粧品を選びましょう。

敏感肌を改善するには?

肌が敏感になる原因は肌バリア機能が働いていないことにあります。肌バリア機能が働かなくなる原因には、生活習慣の乱れ、睡眠不足、肌の乾燥、荒れた肌環境などたくさんありますが、まずは下の2つの対策に取り組んでみることから始めましょう。

炎症が起きない化粧品に変える

肌の炎症を繰り返すと、ターンオーバーが乱れます。ターンオーバーが乱れると肌のサイクルに異常が発生し、炎症が起きていなくてもザラザラ感のある汚い肌になってしまいます。また、炎症を繰り返す肌はエイジングケア成分や美白成分の効果も感じにくくなり、老けて見られやすくなります。色々な美容成分が配合された化粧品を使いたくなりますが、まずは炎症が起きないように肌を整えることが大切です。

肌を乾燥させないように保湿ケア

年齢とともに肌は乾燥するようになります。昔はプルプルだった肌でも、年齢とともにカサカサしやすくなることは避けられません。しかし、肌が乾燥している状態は日焼け止めなしで日光浴をするようなものです。肌の保湿ケアが肌バリア機能を再生するための一番の近道ですので、常に肌を乾燥させないようにスキンケアしましょう。特に30代、40代の女性は保湿重視のケアに切り替えるタイミングです。

コンテンツ

敏感肌には欠かせない保湿ケア

保湿ケアとは、その名の通り、肌を乾燥させないように潤いを保つケアのことですが、多くの方が潤いを与えることだと勘違いしています。保湿の意味は潤いを与えて保つこと。しかし化粧水で潤いのある肌を作っても、1時間後には元通りになってしまうように、潤いを保つことは実は大変なのです。そこで潤いを保つ成分である保湿成分の出番です。保湿成分には色々ありますが、有名なのはセラミド・ヒアルロン酸・NMFなどです。特にセラミドは保湿成分の王様で、湿度0%の環境下でも潤いを逃がさない優れもの。どれだけ高級な化粧水や美容液を使っていても、こうした保湿成分が含まれていなければ、保湿ケアにはならず、敏感肌を改善するには至りません。セラミドは化粧水に含まれていることもありますが、乳液・保湿美容液・クリームに含まれることが多いようです。特にクリームは油分もあるので、しっかりと保湿ケアをしたい方は洗顔、化粧水の後にクリームを肌全体に塗り込みましょう。10分から20分ほどは顔がベタつきますが、時間が経つとスッと染み込み潤いを保ってくれます。

運営サイトいろいろ

不動産売却ならイエキット 家やマンションなどの不動産売却を考えている方へ、査定や買取前に見てもらいたいサイト。
抜け毛を減らすカミダマ 抜け毛が多い男性や女性にオススメのサイト。出来る限り医学的に説明されています。
ムダ毛処理 女性には欠かせないムダ毛処理。肌が荒れず、キレイに剃れるムダ毛処理の方法をご紹介します。